FIGUREには背伸びをしない、自分らしい服が見つかります


ファッションで嘘はつけない。見せかけの服や、背伸びした服は、似合わない。自分らしい服こそが、何よりひとを自由にする。
ひとと一緒に年を重ね、長く着続けてこそ、内面を含めた自分らしい姿(=figure)が表れる。
だからこそ、実際に試して、無限に組み合わせて、一着から生まれる未来を、ゆっくりと想像してほしい。
どんな服も、最後にデザインするのは、あなただから。そのためには、より多くの選択肢が必要だ。
より広い空間、より多くのアイテムがある場所で。それを可能にするファッションの旗艦店は?

静岡のストリートを変える新しいショップは?